Ultra Monkey: High Availability and Load Balancing Solution for Linux [Monkey]
English | 日本語
Top | Ultra Monkeyについて | ミラー情報 | 履歴 | 連絡先 | 2.0.1リリース
ニュース・アーカイブ | ドキュメント | Ultra Monkey L7 [offsite]

LVSプレゼンテーション:2003年6月

Linux Virtual Server(LVS)プロジェクトは、レイヤ4スイッチングを利用して、Webサーバやメールサーバなどのネットワーク・サービスの負荷分散を可能にします。これは非常に高速で、これらのサービスは、数万から数十万もの同時接続にまで拡張してサービスを提供できるようになります。

このプレゼンテーションでは、LVSの仕組み、LVSの能力を最大限に引き出すためのチューニング方法、そして、接続の同期化の改善とActive-Activeクラスタへの対応を目的としてLVSに最近加えられた機能拡張を扱います。

2003年6月、東京で開催されたVA Linux Business Forumにて発表

1. LVSの基礎とチューニング
黒沢崇宏
HTML
(日本語のみ)
2. LVSの機能拡張
Simon Horman
接続の同期化とActive-Active
PostscriptPDFLatexソース
(英語のみ)
新しいソフトウェア: Saruip_vs_user_sync
関連情報: その他のドキュメント



Copyright © 2000-2004, Horms

Last Updated: Mon Dec 22 19:00:17 2003 +0900