Ultra Monkey: High Availability and Load Balancing Solution for Linux [Monkey]
English | 日本語
Top | Ultra Monkeyについて | ミラー情報 | 履歴 | 連絡先 | 2.0.1リリース
ニュース・アーカイブ | ドキュメント | Ultra Monkey L7 [offsite]

LVSチュートリアル

Linux Virtual Server(LVS)プロジェクトは、レイヤ4スイッチングを利用して、Webサーバやメールサーバなどのネットワーク・サービスの負荷分散を可能にします。これは非常に高速で、これらのサービスは、数万から数十万もの同時接続にまで拡張してサービスを提供できるようになります。 このチュートリアルの目的は、LVSのさまざまな機能を利用してインターネット・サービスの負荷分散を行う方法と、heartbeatやkeepalivedなどのツールを使って高可用性を実現する方法を示すことです。さらに、高可用性環境でアクティブな接続を保持することや、アクティブなフィードバックを活用して負荷をより効果的に分散させることなど、最近の開発テーマとなっている高度なトピックも扱います。

2003年7月、オタワ(カナダ)で開かれたLinux Symposium似て発表

ドキュメント: HTML(日本語)、 PostscriptPDFLatexソース
新しいソフトウェア: Saruip_vs_user_sync
関連情報: Active-Active



Copyright © 2000-2004, Horms

Last Updated: Mon Dec 22 19:00:21 2003 +0900